インドカレー屋は本場の味?本場のインドカレーと日本のインドカレーを比較してみた

旅行
スポンサーリンク

インド人が経営しているインドカレー屋は日本の至るところで見られますよね。

 

シェフもウェイターも皆インド人。

 

日本にいるインド人がつくる『日本のインドカレー』と『本場のインドカレー』には違いはあるのでしょうか?

 

この記事で比較していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

日本のインドカレーの特徴

 

 

東京圏に多く出店している日本を代表するインドカレーチェーンレストランである『インド定食ターリー屋』さんのランチセットです。

 

ナン+カレーの組み合わせが多く、店によってはサラダやドリンク(チャイ、ラッシー)が付いてくる場合がありますが、『インド定食ターリー屋』さんではサラダとドリンクは付かず、ヨーグルトが付け合せになります。

 

店によっては違いはあれど、こちらが日本のインドカレー屋でよく提供される一般的なインドカレーのランチセットですね。

 

インドカレー屋は数多くあれど、基本的にはこの構成になることが殆どというか、競争するために個性を出すということをしないのがインドカレー屋のようです。

 

インドのインドカレー屋の特徴

 

 

インドのインドカレー屋といってもピンキリですが、比較対象を『インド定食ターリー屋』として、庶民的なレストランを挙げます。

 

 

 

インドのレストランのセットといえば、『ターリー』です。

 

『インド定食ターリー屋』という名前の由来はここからきています。

 

『ターリー』とは『セット』のことで、チャパティやロティ、ご飯と、何種類かのカレーが提供されます。

 

昼夜問わず食べることができ、基本的にはいくらでもおかわりすることができます。

 

日本ではナンが主流で、チャパティやロティを見かけることはあまりありませんが、インドのターリーでナンが出されることはほぼありません。

 

ちなみに、場所によってターリーの内容が大きく異なります。

北インドでは『ターリー』と呼ばれ、主にチャパティやロティなどがのパン類が出されますが、南インドでは『ミールス』と呼ばれます。

 

 

バナナの葉がプレート替わりになるのが特徴的ですね。

 

北インドではパン類が主食でしたが、南インドではご飯が主に食され、北インドの細長いバスマティライスとは異なり、日本で食される丸い米に似た丸い形の米が多くなりますが、日本のものよりかなりパサつきがあります。

 

 

因みに、高級なターリーになるとここまで豪華になります。

 

脱線しましたが、ここからは『日本のインドカレー』『インドのインドカレー』違いを見ていきましょう。

スポンサーリンク

ナン

 

インドカレーに欠かせないのがふわふわサクサクのナンですよね。

ナンにはどういう違いがあるんでしょうか?

 

日本の場合

 

 

一般女性の顔のサイズの約2倍にも等しい大きさにもなるナン。

 

甘みが強く、かなりの量の砂糖が含まれていることがわかります。

 

 

プラス100円、200円でトロットロのチーズが入った『チーズナン』に変更できる店が多いです。

 

 

変わり種として超デカイナンを出す店があったり、ナンのサイズや中身で個性を出すようですね。

 

インドの場合

 

 

日本のナンのふわふわサクサクとはほど遠いです。

硬く平ぺったく、甘みはほとんどありません。

 

インドで主に食されるチャパティやロティに比べると値段も高めに設定されていますね。

 

チーズナンもナンの上にパラッとチーズが振りかけられているだけで、日本のチーズナンとは大きく異なることがわかります。

ちなみに、チャパティやロティはナンの4分の1以下の値段で提供されることが多いです。

 

庶民がナンに手を出さない理由がわかります。

 

カレー

 

日本のインドカレー安屋が言う『本場のカレー』は本当に本場の味がするんでしょうか?

確かめてみましょう。

 

日本の場合

 

 

インドカレー屋のランチセットにはいくつか種類がありますが、基本的には選べるカレーの種類に違いがでるだけです。

 

最安は1種類だけ、高いものだと、3種類選べ、更にゆで卵やタンドリーチキンなどが付くこともあります。

 

ベジタリアン向けのメニューもありますが、メニューの半分以上はミート系のカレーのようです。

味はかなり甘めの味付けで、バターや油をふんだんに使っていることがわかります。

 

インドの場合

 

 

インドではベジタリアン向けのメニューが多いです。

 

地域にもよりますが、例えばニューデリーですと、ベジタリアンメニューはノンベジタリアンメニューに比べ、とても安価になっています。

 

豆を使用した優しい味付けのカレー(ダル)が最も庶民的でよく食べられていますね。

 

インドカレーといっても、実際には何百何千と種類があるため決して一括には出来ませんが、最もよく食べられていて、地域によっても差が出難い豆カレーを比較としてあげます。

 

日本では、『本場のカレー』=『辛い』とされていますが、本当の本場のカレーは意外とマイルドな味付けになっています。

 

また、日本のインドカレーのような甘みはほとんどなく、程よい塩辛さがありますね。

スポンサーリンク

サラダ

 

カレーの付け合せであるサラダ。

どんな違いがあるんでしょうか?

 

日本の場合

 

 

横に添えられている千切りキャベツ。

 

このドレッシングが実はものすごく美味しく、市販のものでは決して出せないスパイスと甘みがたまりません。

 

インドの場合

 

 

生玉ねぎ、チリが添えられています。

カレーの口直しや辛味を足すために、そのまま齧り付くようにいただきます。

おかわり自由です。

 

ドリンク

 

カレーを食べたあとのリフレッシュ。

インドではなにを飲むんでしょうか?

 

日本の場合

 

 

ランチセットにドリンクが含まれていることがあります。

よく出されるのはチャイやラッシーが多いですね。

 

因みに、写真にあるようなアイスチャイをインドで見ることはほとんどないです。

インドの場合

 

ドリンクがセットになっていることはほぼないですが、卓上の瓶から飲料水を頂けます。無料です。

水の出所は不明。

 

インドのケーララ州では、水を消毒するためにある薬品が使われているせいで水がピンク色になっています。

 

 

チャイはそのへんの路上で頂けます。

 

 

素焼きのカップでチャイを頂き、飲み干した後はそのへんに放り投げてぶち割ります。

 

値段

 

値段も重要な比較材料です。

 

日本の場合

 

 

新宿駅からの徒歩数分の立地にある『インド定食ターリー屋』のメニュー、ナン+カレー2種+ヨーグルトで830円です。

インドの場合

 

 

ニューデリー駅から同じく徒歩数分の立地にある地元民で賑わう食堂。

 

 

食べ放題のチャパティ+ご飯+カレー2種類+カレーポテトサラダで約130円(80ルピー)です。

日本のインドカレーよりも量が多くて約70%も安いですね。。

 

最後に

 

日本のインドカレーと本場のインドカレーに様々な違いがあることを分かっていただけたかと思います。

 

インドでも日本でも、カレーライフを楽しんで行きましょう!

 

コメント